HOME>注目記事>特徴やメリットについて知るための基礎知識

最近主流になっているスタイル

葬儀会場

東京の葬儀スタイルは、従来は、大規模におこなわれる「一般葬」と呼ばれるものが普通だったと言えるでしょう。しかし最近は、家族などの身内だけを参列者として呼ぶ小規模なスタイルである「家族葬」が主流になっているという特徴があります。なぜこのような状況になっているのかというと、ライフスタイルの変化が関係していると言われています。かつては誰かが亡くなると、ご近所の方などを幅広く呼んで大規模に葬儀をおこなっていましたが、最近はそうした人付き合いが減ってきたせいもあって、小規模な家族葬のようなスタイルが好まれるようになりました。こうした傾向は都市部に強く現れており、東京などの大都市では特に家族葬を選ぶケースが多くなっていると言えるでしょう。

家族葬のメリット

葬儀会場

東京などの都市部では家族葬が主流になっていますが、そのメリットとしては、まず「アットホームな雰囲気でできる」ということが挙げられます。従来の大規模な葬儀の場合は、さまざま方が訪れるので気疲れしてしまうことも多いのですが、身内だけの小規模な葬儀であればリラックスしながら故人を偲ぶことができるでしょう。その他のメリットとしては、「身内だけの葬儀なので比較的自由にできる」ことや、「参列者が少ない分費用を安くできる」ことが挙げられます。

一般葬のメリット

葬儀会場

東京では家族葬が選ばれることが多くなりましたが、今でもよくおこなわれている一般葬のメリットとしては、「大勢の方と一度にお別れができる」ということが挙げられます。参列者があまり見込めない場合は家族葬でもいいと言えますが、生前に人付き合いが多かった故人の場合は一般葬のほうが向いていると言えるでしょう。その他のメリットとしては、「豪華で立派な葬儀ができる」ということが挙げられるため、社会的な体面を重視したい場合に向いていると言えます。