HOME>ホットトピックス>家族や親しい友人だけで過ごせるので安心感があります

考えておきたい終活

近年、メディアで多く取り上げられているのが終活です。自らや家族の最期を考えるのは悲しいことですが、亡くなってから慌ててしまい、後悔に苛まれて葬儀・告別式が過ぎることがあります。特に深刻なのが。膨らみ続ける葬儀・告別式の費用だと言われています。通常の葬儀・告別式であれば、平均的な費用は200万円と言われています。その後の法要のこともありますし、出費を抑えたいと願うのは当然です。それを叶えてくれるのが、家族葬ではないでしょうか。大阪の葬儀社においても、家族葬プランが提供されています。派手さはありませんが、故人と遺族の心に寄り添う御葬式です。

コンパクトな式が理想

家族葬の平均的な費用は、20~30万円だと言われています。参列者の人数も10~20人を想定していて、小さめの控え室が用意されています。御通夜を省略する遺族も増えていますし、必要最低限の祭壇で式を執り行うことが出来ます。大阪の葬儀社においては、レンタル僧侶が用意されているのも魅力です。お寺との関係性が希薄になっていますし、特定の宗派に属さない家族が増えているようです。葬儀・告別式のマナーや慣習についても、スタッフが丁寧に教えてくれるので安心です。家族葬だから簡素になる訳ではありませんし、落ち着いた雰囲気で故人との時を過ごせるのではないでしょうか。